医薬部外品と美白化粧品の関係とは

「美白化粧品」がありますよね。
そこで今回は、美白化粧品と医薬部外品との関係性について挙げています。
化粧水、乳液の医薬部外品の場合は、美白効果があると謳っている化粧品において「メラニン色素の生成を抑えます。
と美白が期待できる表現が使われていた場合、通常、薬事法に基づき美白化粧品が医薬部外品として認可を得るには、基本的な基礎化粧品の中に美白と言う薬効があるビタミンC導入剤を加えれることで許可が簡単に得られます。
そのように言われています。
薬事法の表現方法により、化粧品は使われている全成分を表示させなければなりません。
しかし、医薬部外品は指定された成分表示だけで全部を表示しなくてもいいようになっています。
これにより沢山のメーカーで、美白化粧品を医薬部外品として販売するようになったと言う話もあります。
(汗)(汗)しかし、全部のメーカーがこうと言っている訳でありません。
(笑顔)※但し、一部そう言ったメーカーがあるとも言えます。
これも事実だと言う認識は持っておいてくださいね。
このようなことからも医薬部外品だからと言って化粧品と比べ効果が高いとは言いきれません。
ですから、医薬部外品として美白化粧品を購入する場合、美白化粧品に限らないですが、どんな成分が入っているかメーカーに確認してみるようにしましょう。
そうする法が良いかもしれませんね。
(笑顔)
ハイドロキノンと副作用